イワチドリとは

 イワチドリはヒナラン属に属する日本原産の野生ランで、ヒナラン属ではイワチドリのほか、ヒナラン、コアニチドリ、オキナワチドリの計4種が知られています。

 イワチドリとコアニチドリの交配種はエノモトチドリと呼ばれ、一般に大型になり、時にはオオイワチドリと呼ばれたりもします。しかしこの呼び名は、大型のイワチドリと間違う可能性があるため、不適切だと思われます。エノモトチドリでは紅一点花まで作出されていますので、両種には親和性があるのだと思います。

 ヒナランは余りに花が小さいために、またオキナワチドリは自生環境の違いからか、あまりイワチドリとは交配されていないようですが、交配は可能かもしれません。

 イワチドリの開花時期は4月下旬から5月中旬にかけて。ゴールデンウィークの花です。開花期がウチョウランと重ならず、しかも早いというところが、大変魅力的で、ウチョウランでは比較的珍しい霧点という独特の芸もあります。

 また、ウチョウランと比べ植物体が小さいため、華やかさに欠けるかもしれませんが、その分他の草花ともよく馴染み、石付けや草玉、苔玉の素材としては最高の素材です。

 イワチドリは、四国・近畿(主に紀伊半島南部)・中部地方を中心に、中国地方や九州の一部、伊豆諸島の一部にも自生しています。しかし、なぜか変異種は紀伊半島、特に熊野川流域に圧倒的に多く出現しているようです。イワチドリだけではなく、どんなラン科の植物も、場所(ラン科植物の場合「坪」とも呼ばれます)によって、微妙に他の産地のものとは異なる特徴があります。

 熊野川流域上流部の小さな河川や渓谷では、それぞれの特徴を持って自生していたものが、種子が流れに運ばれ、熊野川の本流で交雑し合うことにより新たな変異を生み出したのかもしれません。自生環境は、水が滴るような渓谷沿いのわずかな岩の割れ目で、苔やイワヒバ・ゼンマイなどのシダ類、川サツキやイネ科の植物などと共に寄り添うように生えています。

 花形は唇紅が4裂し、小鳥が羽根を広げて飛んでいるように見えます。その様を自生地である岩場を群れ飛ぶ千鳥に見立て、イワチドリと名付けたのでしょうが、言い得て妙だと思います。

 小さな鉢で、色んな花の変異を楽しめるイワチドリを、ぜひ皆さんの棚で楽しんでいただけたらと思います。

 



Copyright (C) 2009-2014 Kumano Chidorien. All Rights Reserved.